ジュゴン

Dugong

(2022,  21 images)

Concept

モモタマナが美しい琉球大学併設の博物館には、

ジュゴンの剥製がある。

沖縄県を生息域の北限とする海生哺乳類で、新基地を巡る問題でよく言及されるが、

彼らはそこが「辺野古」であることすら知らない。

 

海草を喰み、子を産み育て、日が落ちれば眠りにつく。

​これを繰り返す。

 

ヒトとジュゴンが共有しているもの —

 

50 年以上前に捕獲されたこのオスのジュゴンは、

その続きを告げるように、どこからでも目を合わせてくれる。

In the museum attached to the University of the Ryukyus where Indian Almond is beautiful,

stuffed dugong is on display.

 

It’s a marine mammal whose northern limit of habitat is in Okinawa and often mentioned in the issue of the now base.

However, they never know it’s called “Henoko”

 

Eat seaweed, give birth, raise children, and fall asleep when the sun goes down.

Then, repeat this.

 

What humans and dugongs share is —

 

This male dugong captured over 50 years ago makes eye contact from anywhere

to tell that continuation.

博物館の許可を得て撮影、​公開しています。

Photographed and published with permission from the museum.

1_モモタマナ.jpg
2_入り口.jpg
3_全景.jpg
4_説明.jpg
5_全身.jpg
6_歯.jpg
7_左横顔.jpg
8_左目-1.jpg
9_胸鰭-1.jpg
10_尾鰭-1.jpg
11_胸鰭-2.jpg
12_体表-1.jpg
13_骨の写り込み.jpg
14_左目.jpg
15_尾鰭-2.jpg
16_背中.jpg
17_尾鰭-3.jpg
8_胴体.jpg
18_体表-2.jpg
19_右横顔.jpg
20_映り込み.jpg

©️ 2o2o Ko-photography. All Rights Reserved.