落ち葉 a fallen leaf

(2019, 1 image as a whole)

Concept

生命とは何で、何処にあって、いつまで続くのだろう?

葉緑素は、光エネルギーを集める化学物質であり、植物における生命活動の源である。

緑色の光量子の吸収率が低く、植物がいわゆる緑色なのはそのためである。

この葉緑素は、余分な光エネルギーを赤色の蛍光として放出する(クロロフィル蛍光)。

本作品は、落ち葉表面のクロロフィル蛍光を撮影したものである。

母体である幹から離れ、役目を終えた一葉の中で、葉緑素は数日で分解される。

まだらに残る赤色。

生きているのか死んでいるのか、あるいはどちらかに決定する理由もないのかも知れない。

What is life, where is it and how long will it end ?

Chlorophyll is a chemical substance that collects light energy and is the source of life activity for plants.

This is why plants look so called green color because the absorption rate of green photons is low.

The chlorophyll gives off unused light energy as red fluorescence (chlorophyll fluorescence).

In this work, chlorophyll fluorescence from the surface of a fallen leaf is captured.

Chlorophyll is decomposed within a few days in a single leaf which has finished its role, away from the mother trunk.

Red color is left in patches.

Is it alive or dead ? Even or there may be no reason to chose which.

名称未設定 3.jpg

Group exhibition, print sales, etc

・NY ART  BOOK FAIR (photo booklet 'NEW JAPAN PHOTO 9'):NY, USA, 2019

・第 3 回 サイエンスフォトコンテスト サイエンス賞:科学技術団体連合,  2020

©️ 2o2o Ko-photography. All Rights Reserved.